新着情報

金属アーク溶接等作業における健康障害防止措置について

金属アーク溶接等作業において発生する溶接ヒュームが、作業者の神経障害等健康障害を引き起こすおそれがあることが明らかになったため、労働安全衛生法施行令、特定化学物質障害予防規則等が改正され、一部の経過措置を除き令和3年4月1日から施行することとなりました。

外国人技能実習制度においても移行対象職種として「溶接」の職種(「手溶接」作業及び「半自動溶接」作業)が設けられており、アーク溶接を行うことを必須業務としています。
つきましては、下記の点にご留意の上、技能実習生が健康に実習を行うことができるよう必要な措置を講じていただくようお願いします。

 

改正政省令については、厚生労働省の作成したリーフレットを参照ください。
(継続して屋内事業場で作業を行う場合)

https://www.mhlw.go.jp/content/11305000/000654441.pdf

(屋外作業場等で作業を行う場合)

https://www.mhlw.go.jp/content/11305000/000654446.pdf

 

▲ページトップ