新着情報

ベトナム帰国便チケット購入についての注意喚起

ベトナム帰国便のチケット購入にあたり詐欺が増加しています。

技能実習へは組合より注意喚起をおこなっております。

以下JITOCOHPからの抜粋となります。

 

ベトナムの技能実習生等が帰国を希望しながらなかなか帰国できない状況を背景に、ネット上では帰国便チケットの購入について真偽があやふやな情報が流れています。また、技能実習生がこれにひっかかりお金をだまし取られる事案も増えており、駐日ベトナム大使館(以下、大使館)がホームページ(ベトナム語サイト)で在日ベトナム人向けに注意喚起を呼びかけています。
  技能実習生を含む在日ベトナム人が帰国するには、①大使館が手配するベトナム国民向け救援便等、②商用便のどちらかになりますが、3月29日現在では、①しか方法がありません。さらに大使館の説明によると、大使館が手配するベトナム国民向け救援便については、希望者からの申し込み受付後に大使館が審査を行い、大使館から、チケット代、チケット購入方法について直接対象者にメールで知らされます。ゆえに大使館からの通知メールを受けて航空会社に直接予約を行い、支払いを済ますことになります。

駐日ベトナム大使館ホームページ注意喚起(ベトナム語)

  なお、報道によると、3月22日に菅義偉内閣総理大臣がベトナムのグエン・フー・チョン党書記長兼国家主席と電話会談を行い、帰国を希望しながらかなわない在日ベトナム人の帰国に向けてベトナム政府の協力を要請しました。今後、状況に変化が生じるかもしれませんが、上記のような問題事案も多数発生しています。帰国を手配される監理団体・実習実施者におかれましては、帰国の手配にあたり、帰国日、航空会社、出発空港の情報を基に、直接、航空会社にもご確認するようお勧めいたします。

▲ページトップ